familab(ファミラボ)18時更新 日月お休み

小4~高3のご家庭へのお話をしています。お問い合わせはkokonikosugiyama@jsea.jpへ

行動も才能です

教室では学習習慣を大事にしています。生活習慣と姿勢(形と心の両面)とも合わせて3つを普通の形にしたいのですが、正直なことを言うと、私が求めているレベルと比較すると、できていない子供のほうが圧倒的に多いです。

無理矢理やらせることで、学習習慣がつき、それが無理矢理でなくなり、心から自主的に行動し、当たり前のように習慣化されている状態に到達できた子供もいます。
一方で無理矢理やらせることで学習習慣をつけられるというタイミングというか、時期を逃してしまった子供もいます。やりたくないものはやりたくないという本当に幼い子供の場合です。やっかいなのは、幼い子供に年齢制限はないということです。
小学生、中学生、高校生のあちこちに幼い子供がいるものです。
年齢があがっても学ぶという行動が幼い場合は、自分自身でやらないといけないものだということに気づく時期というか、瞬間を待たねばならなくなることがとても多くなります。
様々なチャンス、刺激をあの手この手で繰り出すのですが、子供の性格というか、価値観を変えるのは本当に難しいと考えて下さい。特に教室は、極端な話、同じ時間帯に小4生と高3生が隣の席に座っているという状況も生まれているため、空間としての空学ぶ空気に乱れが発生しないように考えながら動くのは難しいものです。
行動は才能だなと本当に思います。
2月21日(日)の週で高校受験の山場が終わりますので、翌週から、空気を乱してでも大がかりな取り組みを開始しようとしています。1年間を通してみると一番大胆な試みができる1週間です。