familab(ファミラボ)18時更新 日月お休み

小4~高3のご家庭へのお話をしています。

女子校という選択

教室長が引率する形で学校を見に行くということをしますと春の保護者セミナーで話をしていましたが、第1回は女子校です。
女子校なので、女子のいるご家庭のみにさせて頂きます。

女子校に変なイメージを持っている女子生徒もいるなと思っているので、ぜひ参加して、女子校ってこういう特徴があるのかということを感じ取って欲しいと思っています。
誤解してほしくないのは、女子校を推奨しているわけではありません。
今回訪問する女子校も、ここが合っている場合は検討して頂ければと思いますが、女子校に進学したいと思っていても、自分に合っている女子校は一握りだったりするものです。
但し、女子校に行ったこともないのに、最初から女子校を排除するのは間違っています。これは大人になってからも大事にしてほしいことですが、知らない世界は知る必要があり、知らないのに想像だけでものごとを判断するのは間違っているということもありますし、大事なものの見方を知らないで過ごすことになります。
女子校は女性が過ごしやすい工夫がありますし、男性を気にする必要はないという特徴があります。女性だけで学校内の全ての役割をしなければならないというのが実はよさです。共学は知らないうちに、男性と女性の役割が日本の伝統的な文化の中で別れてしまいます。
女子校ならではのよさ、弱点、そして学校見学ではどういうところを見たらよいのかということを現地でじっくりと感じ取って下さい。頭で考えるのではなく、五感で感じ取って下さい。
女子のいるご家庭であれば、生徒のみ、保護者のみの参加もOKにします。
私も当日が楽しみです。