familab(ファミラボ)

小4~高3のご家庭へのお話をしています。

【更新終了】都立高校推薦入試 応募状況

東京都教育委員会から推薦入試の応募状況が発表されました。
詳しくは下記をクリックしてご確認ください。

令和6年度東京都立高等学校入学者選抜応募状況(推薦応募)

www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp

 

---------以下、追加(23:05)-------------

Vもぎ様からの情報は作成に時間がかかっているので、一旦、紹介はなしにしました。明日教室で資料を配付します。

 

教室の周辺や毎年志望校として名前があがる高校について今回と昨年の倍率を紹介します。

新宿            
定員32    応募者245    倍率7.66(昨年5.91)

国分寺            
定員64    応募者144    倍率2.25(昨年2.94)

練馬工科        
定員70    応募者121    倍率1.73(昨年1.41)

東久留米総合    
定員72    応募者138    倍率1.92(昨年2.07)

晴海総合        
定員84    応募者277    倍率3.30(昨年2.85)

総合芸術・美術    
定員24    応募者131    倍率5.46(昨年5.33)

戸山            
定員64    応募者214    倍率3.34(昨年3.68)

駒場            
定員64    応募者195    倍率3.05(昨年3.35)

豊多摩            
定員64    応募者185    倍率2.89(昨年2.79)

井草            
定員56    応募者146    倍率2.61(昨年2.44)

石神井            
定員56    応募者183    倍率3.27(昨年3.52)

板橋            
定員56    応募者280    倍率5.00(昨年3.1)

武蔵丘            
定員64    応募者224    倍率3.50(昨年3.10)

鷺宮            
定員56    応募者183    倍率3.27(昨年5.61)

武蔵野北        
定員48    応募者98    倍率2.04(昨年2.43)

清瀬            
定員56    応募者136    倍率2.43(昨年1.65)

保谷            
定員64    応募者202    倍率3.16(昨年3.32)

新宿高校の倍率はかなり特殊な高倍率になっています。
高校によって推薦の倍率の勢いがそのまま一般入試の倍率につながる場合と、推薦は高いけれど一般入試は低くなるというケースがありますので、内申の持ち点からかなり難しい場合、絶対に都立でないと困るというご家庭については本人に話を順次していきます。保護者面談をさせて頂く場合も出てきます。

なお、倍率で一喜一憂している受験生は要注意です。
倍率が低くなったから安心ではありません。どういう内申数字を持った中3生が応募してきているのかによって、倍率が低くても、不合格になることはあります。
倍率が高くなったから、だめかもしれないというわけでもありません。
今回は結果を読みにくくなっています。
気を引き締めて、立ち向かって欲しいと思います。
推薦入試が終わった日の夜、勉強をしていない受験生はほぼ合格していないというのが過去の教室の実績です。当日の夜の行動を保護者の皆さんは観察し、気を引き締める言葉をかけてください。よろしくお願いします。